画像はクリックして、拡大してくださいネ。

【山陰本線】TWILIGHT EXPRESS 瑞風撮影【87系】

H29.3.19

ぶらり山陰本線を撮影し、最後はまもなく運転開始の「トワイライトエクスプレス瑞風」を撮影。


@末恒〜宝木

ついに黒いフェルムが剥がされ、ベールを脱いだ87系が山陰本線を回送運転。

結局、黒フィルム時代は見ることすらありませんでしたが、綺麗な状態で記録することができました。


@倉吉〜下北条

クルーズトレインの新時代の幕開けのような豪華列車。

すでに登場しているJR九州「ななつ星」、これから登場のJR東日本「四季島」と、この「瑞風」がどのように歴史を変えて行くのか、楽しみです。

拍手[0回]

【山陰本線】ぶらり山陰本線撮影【HOT7000系・187系】

H29.3.19

サロンカーなにわ撮影後、せっかくなので山陰本線を撮影。


@淀江〜伯耆大山

通過後、朝日を浴びながらやって来たのはキハ187系5両。

4両以上の187系を初めて見ました。

さすが3連休。

朝食後、次はこちら。


@下北条〜由良

やって来たのは「コナントレイン」でした。

次に倉吉駅手前の橋で。


@倉吉〜下北条

HOT7000系のスーパーはくと号の送り込み回送です。

由良駅で折り返して、倉吉から客扱いのようです。

せっかくの山陰本線なので、次はロケーション重視で海バック。


@青谷〜泊

単線なのに次々と来る列車に驚きつつ、キハ47も記録できて良い記録となりました。

最近は被写体を選ばず、のんびり撮影するのがとても楽しく感じて来ました。

と言うとキリがないのですが、やはり撮影は楽しいですね。

次へ続きます。

拍手[0回]

【山陰本線】「だいせん」HM付き団体臨時列車撮影【サロンカーなにわ】

H29.3.19

大阪〜米子間にて、サロンカーなにわ5両を使用した臨時団体列車が運転されました。

福知山線〜山陰本線で往路は夜行、復路は日中の行程で、前後に異なるHMを取り付けての運転でした。


9703レ@淀江〜伯耆大山

DD51 1191号機牽引でした。



後部もしっかりと「だいせん」のヘッドマークが付けられ、走行撮影可能な区間が限られたため早朝から多くのカメラマンで賑わっていました。

往路は都合上撮影できませんでしたが、貴重ワンシーンが記録できました。

14系改「サロンカーなにわ」による団体列車は常に魅力がいっぱいですね。

次へ続きます。

拍手[0回]

【のと鉄道】花咲くいろはラッピング列車 34【NT202】

H29.3.15

家族サービスや挨拶を兼ねて、のんびり能登へ。

七尾で試運転情報をいただき、撮影。


@七尾〜和倉温泉

NT212号機の交検上がり試運転だったようです。

不安定な天気だったので、能登空港へドライブして能登丼ランチ。

穴水駅へ寄ってみるとNT202が入換準備していたので撮影。


604D@笠師保〜能登中島

NT202いろは

水曜日は基本的に観光列車がお休みのようで、試運転などが設定しやすいのですね。

しかし、能登の飲食店は水曜定休が多いので、注意が必要だったり。

何度来ても、能登は良いところです。

拍手[0回]

【石勝線】雪の夕張支線【キハ40】

H29.2.25

最後に時間があったので、以前から気になっていた夕張支線へ。

列車まで時間があったので、夕張駅にあるカフェでランチ。

適当に撮影地を探すもなかなかの積雪で見つからず、何とか跨線橋上から。


2629D

やって来たのは日高色のキハ40 356でした。

夕張での折り返しはすぐなので、唯一調べていた場所で記録。


2628D

思ったより市街地を走っているのに驚きつつ、石勝線沿いで山を下ります。



これで今冬2回目の北海道遠征は終了です。

お世話になった友人に感謝!

ここ数年で北海道を回って来ましたが、鉄路のある場所はだいたい行けました。

魅力たっぷりな北海道、次回は冬以外に行きたいものです。

拍手[0回]

【函館本線】雪8145レ撮影【DE15ラッセル】

H29.2.25

岩見沢で朝早く起きて沿線へ。

狙いは臨時排雪列車…が、雪は無し。

しかし、今回も同行している友人が運転を確認してくれていたので撮影へ。


雪8145レ

DE15 1534号機ラッセル

ノコッロ塗装の機関車でした。

除雪作業をしている場面ではありませんでしたが、雪列車です。

せっかく晴れているので、他にも色々と記録。



北海道でキハ40の3連を初めて見ました。

方向幕も「普通」がとても新鮮でした。



こちらは赤スカートの貨物列車で、DF200 10号機牽引でした。



スーパー宗谷1号

こちらはダイヤ改正(H29.3.4)で「宗谷号」となりました。

他にもありますが、割愛します。

オホーツク号は何と、見る鉄でした。。

この後、疲れを癒すため「ながぬま温泉」でほっこりし、夕張方面へ。

次へ続きます。

拍手[0回]